いざ、あなたと同じ空間のために。





    今日は昼から、
    カンパニーの倉庫に車で行き、
    稽古。


    広くていいが、
    寒い、笑。

    帰りは、
    眠りのピーク。
    眠い。

    昨日は、
    久しぶりに、
    なんだか、
    冬眠のような眠りだったなぁ。


    今日も倉庫に稽古。
    いつもと違う電車、
    いつもと違う風景、
    なんだか新鮮やが、
    いつもの稽古場が、
    僕は好きです。




    人数が多かろうが、
    人数が少なかろうが、
    同じ舞台に立つ、
    同じ目的に向かって立つ、
    そして、
    幕は降りる、
    ただ、
    個人の充実感だけ残るのは、
    寂しい話であるなぁと、
    ひとつの作品、舞台、
    みな、
    ひとつの想い、
    重ならなければ、
    寂しい話であるなぁと、
    僕は思うんだ、
    この3人でよかったと。
    なるべくして、
    ケンカばかりするけど、
    笑、
    そして、
    素晴らしいスタッフに囲まれて、
    後は、
    スタッフさんらとも、
    同じ目的で、
    同じひとつの想いの重なりを、
    さらなる、
    たかみに。



    さあ、
    明日は通し稽古だ!


    思うのは自由、
    ひとつの想いは素敵。



    スポンサーサイト

    今日は車内で明日を迎える


    ほんまに毎日、
    想う。
    ほんまに毎日、
    想う事ばかり。

    想う、感じる、
    そんな事が、
    僕は好きなんだろう。

    好きだから、
    毎日想う事ばかりなんだろう。

    きっと、
    昔から、
    未来よりも、
    遠くの未来よりも、
    今、
    想う事や感じる事を大切にしてきたのかなと。
    ちゃんと、
    未来をみて、
    計画的に、目的や目標を定めて生きる、
    そんな事よりも、
    今、
    なにを想い、
    今、
    なにを感じるかを大切にしてきたんだろう。

    それに後悔はないんやが、
    親やまわりには、
    迷惑をかけてきたんだろう。
    その事をたまに、
    想う。

    人の幸せ。


    チケット代をとり、
    足を運び、
    時間をさいて、
    観に来てもらい、
    ステージに立つのか、
    いつも、
    心に想い、感じて、
    僕は舞台に立つ。
    なんのために、
    素敵な時間だったなと、
    笑顔になってもらうために。

    パワーを持って帰ってもらうために。

    魂とともに、
    僕は舞台に立つ。

    食べる、生きる事も大事。
    なんのために生きる、
    幸せな生き方。


    世の中には、
    生まれもって輝いている人もいるだろう、
    世の中には、
    誰かに輝かせてもらう人もいるだろう、
    僕は、
    どちらにせよ、
    輝いていたいから、
    信じ、努力する。



    ライブ、
    自由に話せるとこはないが、
    話せるのは、
    オープニングトークだけ、
    ここは、
    昨年11月に1ヶ月、
    海外、オーストラリア、サモア、バヌアツに行って来た、
    今回の凱旋ライブのポイントトーク。

    たぶん、
    言えないが、
    言いたい事は、

    観に来てくれて、
    ありがとう。

    たった1ヶ月、いやむっちゃ1ヶ月、
    僕らは3人だけで、
    ライブをしに、
    オーストラリア、サモア、バヌアツに行って来ました。
    たくさんの人と出会い、助けられ、たくさんのライブをしてきました。
    サポーターの皆さんにありがとう、出会ったみなさんにありがとう。
    そして、
    今日観に来てくれたみんなに、
    僕らの1ヶ月を少しでも想像してもらえたら、
    嬉しいです。

    と言いたいです。


    素敵なライブ、素敵な空間、
    目指して努めます!

    愛したいと願っている。

    朝からせっせと小道具作り。
    ハンズと100円ショップでほぼ毎日買い物、
    ネタも決まってないのに、
    作ってはボツの繰り返し。
    作っては作っては。
    図画工作もそんなに上手やないのに、
    作って作って。


    僕の意思や努力、想いとら関係なく、
    世の中が違う動きを見せる時、
    僕はどうする事もできなくて、
    耐え忍ぶしかない、
    言葉も言えず、
    涙すら流せない、
    「どうしてなんだ!」とも叫べない、
    そんな事が振り返ると何度かあったかな、
    それは、
    世の中からみて、
    そんなに大きな事やないのかもやが、
    1人になり拳をふるう。

    痛みだけがリアルさを教えてくれる気になるが、
    心の痛みからリアルを知らなければといつも思う。


    ハッピーバレンタイン。

    過去の自慢、笑。
    昔はいつもトップスリー内な俺。

    チョコが事務所に届くと嬉しいもんです。

    誕生日、クリスマス、
    お手紙届くと嬉しいもんです。


    くださいと言ってるわけやないです、

    人は、
    最後は、
    すべて自分で決める事に意味があると思います。

    数やない、
    そう思います。

    視聴率は数、
    お団子屋さんの売り上げはお団子の数。

    数やないと思いますが、
    世の中、
    数で動くのも現実。
    リアル。

    しかし、
    僕は知っている、
    1人の人の言葉、
    一枚の手紙、
    一つのチョコ、
    たったひとつでも、
    心の花に水をあげ、
    花は輝ける事を。
    輝けかない花は、
    花ではない、
    花は輝き続けて、
    多くの人に愛される、
    花は輝き続ける努力を永遠にしなければならない、
    ひとつから多くのひとつになる事を僕は知っている。
    そう、
    信じてる。


    バレンタインありがとうございました。


    僕は、
    ほんとはお礼の手紙や返事を書きたいです、
    そうは思うが、
    なかなかできていないリアル。
    なんだか、
    距離感がわからなくなるから。

    でも、
    と思いながら。

    今日と昨日は、
    我がカンパニーらしいライブがありました、
    しかし、
    観に行ってません、
    個人的には、
    観たいんですが、
    それよりも大事にしたい、
    稽古をしました。
    自分自分。
    人の中には、
    まだ本番は先やないかい!と言われますが、
    僕にとっては、
    先ではないのです、
    僕にとっては、
    チケットを買って、
    足を運んでくれはるお客さん、
    そこに、
    甘えや妥協は出来ない、
    それが最小限、
    舞台に立つ人の大事な事やと信じてやみません。
    だから、
    行きませんでした。
    今、
    やらねばを僕が選択しました。
    あくまでも、
    僕の価値観で、
    稽古終わり、
    なんだか、
    打ち上げだけ、
    でたくなり行ってしまった。
    なをやねん、
    とか、
    誰の支払いとか、
    いろいろ問題もあるかなと考えましたが、
    まあ、
    行きたいから行きました。
    楽しく飲みました。
    リフレッシュにもなりました。
    演者やスタッフさんらには申し訳ない気持ちはありましたが。
    しかし、
    会は0時には終わり、
    まだ、
    飲みたかったが、
    ふらふらと、
    街を歩き、
    財布と相談している自分が嫌になり帰路に、
    お酒しか飲んでなく、
    駅前の立ち食いそば屋に。
    ああ、
    昔は300円やったなと、
    財布に相談せずに、
    470円のそばを食う。
    小さな俺やなと、
    明るい東京の夜空を見上げる。

    人は人と関わり生きる、
    弱音はかずに、
    精神は己のもので、
    戦い勝つだめに、
    活ために。

    とにかく、
    明日、今日はネタみせ、
    気合いを入れて、
    スイッチ変えて、
    まずは、
    朝から作り物、
    作って作ってであります。


    人が作った言葉やが、

    「誰もが、
    人は傷つき、
    自分で気づき、
    自分を築く。」

    そう僕は思います。


    変革は今から始まる。
    「遅い」とかは考えない、
    それは振り返り後悔する事になるから。
    今やらいで、
    未来なし。


    ほんとうに、
    いつのまにやら、
    我がカンパニーに長くいる、
    いつのまにやら、
    後輩くん、
    後輩くん、
    はたして僕は先輩くんだろうか?
    それはいいか、
    僕は僕やし、
    愛しき人達に優しさを。
    あげれる人ではいたい。
    うん、です。
    彼らをみていても、
    愛せそうで、愛せない、
    愛したいが、
    彼らまでいけない、
    それはたぶん、
    自分の力なさなんだろう。
    前向きに頑張っている奴が好き、
    自分の事しか考える余裕のない奴は嫌い、
    いつかは、
    いつか、
    きっとはきっと。

    笑顔あふれる客席。

    それが、
    偉そうですが、
    日本の未来の幸せの始まりかなと。


    稽古場が広い方が使えず大変、まあ、お互い様やから、
    仕方がないのやが、
    毎日、来たらプラケースをあちらやこちらに移動し、稽古中にも、あちらやこちらに移動し、終わったら終わったで、あちらやこちらに移動。
    階段は少しやが、
    時間はとられてしまう。
    もう〜とか、
    たまに舌打ちし、
    ああ、俺小さいと、
    狭い空を見上げる。
    大きな気持ち、
    広い海、深い海、
    青い空、白い雲、
    夜空の月と星にパワーをもらい、
    ああやこうやと考える。
    明日、明日のために。


    ちゃんと、
    稽古できるんが、
    後10日くらいになってしまった。
    正直、
    ドリブルばかりで、
    ゴールは遠く、
    相手チームが何点入れたかしらわからない、
    とにかく、
    ゴール目指すのみ。


    やや、
    体力の消費と回復が、
    ずれてゆく感じ。

    あせりと不安がしんしんと積もる。

    客席の笑顔を想像する事だけが、
    意識と体を前に進める。

    誰もが、
    こんな想いで、
    モノを作るのだろうか?

    輝く星も、
    きっと、
    こんな想いを抱えながら、
    月に感謝し、
    太陽の偉大さを知っているのだろう。

    僕の思うまわりの人達に感謝しながら、
    僕は輝く。


    日にちがない。


    3人力をあわせ、
    三銃士。



    ほんまに、
    足を運んで、
    毎日働いて稼いだ大切なお金でチケット買って来てくれはるお客さんに、
    感謝します。
    感謝と言う言葉がなんか違う気がしますが、
    嬉しいのです。
    まだまだ、
    小さな劇場ですが、
    土日やなく月火ですが、
    観に来てくれはるみなさんに嬉しく、
    笑ってもらいたく、
    毎日戦っています。

    もう、
    日にちなく、
    ネタ作り、稽古、作り物、編集、衣装、声どり、編集、照明さん、音響さん、映像、たくさんやらねばいけない事あるくど、
    ほんまは稽古稽古が好きですが、なんでもします、
    素敵な舞台空間を作るために。

    燃えてます。

    今回は、
    人数の多い後輩くんらとかぶり、
    稽古場にがっつりこもれないですが、
    正直不便ですが、
    仕方ないし、
    みんなの稽古場やし、
    助け合いながら、
    後輩くんらは後輩くんらで、
    僕らは僕らで、
    素敵な舞台を。

    後輩くんらにも、
    この想いがあると信じて。

    まだ、
    俺は輝けると確信して。

    僕が思うど素人よ、
    バカにするならすればいい、
    僕が思うど素人よ、
    客席を想い、
    いたに立ってほしい、
    僕が思うど素人よ、
    どうか客席に。
    ど素人も素人もプロも、
    素敵に舞台な立つのは変わらない、
    僕はど素人かも、
    そう言われてもかまわないが、
    僕は僕の思うプロの立ち方をゆずらない、
    愛もゆずらないのです。


    ほんまに、
    世界の違う人と話すのは、
    楽しく、刺激があります。
    ほんまに、
    世界の違う人と話すのは、
    難しく、刺激があります。
    ほんまに、
    同じ世界の人と話すのは、
    楽しく、難しく、刺激があります。
    でも、
    この世界はひとつなんだと思えます。
    後は、
    何を感じ選び決断してゆくか、なんだろうなと思います。

    僕はいい人でありたいと思います。
    僕は愛されたいと思います。
    ただ、
    この頃は、
    それよりも、
    僕は僕を探したいと思います。

    人に歴史あり。

    人は環境と状況に左右される、
    左右されない信念を持ちたいが、
    そこまで、
    人は強くないということを素直に理解もしたいかな。

    なんのために。

    人はどこにゆく、
    日本はどこにゆく、
    世界はどこにゆく。

    個人が故人や古人になる前に。



    素直って、
    とても素敵やと、
    そして、
    また、
    素直って、
    とても残念やとも。


    またまた、
    アップせずに、
    時が流れました。

    コメントありがとうございます!

    カンパニーの先輩の番組でどっきりに。
    久しぶりにどっきりでした。
    反省あるのみ、
    オンエアは終わり観れてないけど。
    いつ、いかなる時も、
    プロ、面白くあらねばです、
    まあ、
    僕なりに、僕らしく。

    朝から晩までライブに向けて。

    あ!
    7日は完売しました。
    ありがとうございます。

    6日もまもなく、
    ますます、
    ライブに向けて。


    ああ、
    愛したい。
    身近な人よ。
    愛せない。
    いつのまにやら、
    先輩に。
    たぶん、
    僕は先輩らしくないからかなぁ。
    力や立場があっても、
    愛せないもんは、
    たぶん、
    僕は愛せない。
    愛されたいと真夜中願う事があったとしても、
    愛せないもんは愛せない、
    ただ、
    愛したいと思う想いは忘れずに。
    きっと、いつか、
    まわりには、
    愛したい人達であふれてる、
    そのためにも、
    輝く。

    日がない意味

    コメントありがとうございます。
    ヤフーニュース見ました。

    うーん、
    ゴジラがカット、
    著作権、難しいなぁ。
    他のタイツの音楽もフリー音源を探し、
    リーダーが編集、
    やはり、
    もと音が、
    わかりやすく素敵やなぁと。

    後、アプリとかよくわからないが、
    映像みながら、
    反省も。

    海外に勝手にゆく流れの中、
    僕らのサポーターのみんなに感謝の言葉を。
    流れ的には言いにくい感じでしたが、
    なんか、
    面白く、感謝する方法があったんやないかなとか。

    なんか3回目にやっと出れたんですが、
    スタッフさんらが祈願してくれはり、そのサプライズ映像を見せてもらった後、
    普通に感謝している僕、
    相方らは感謝とともに、
    なにか面白おかしいコメントを。
    うーん、俺、まだまだ。

    よく、
    俳優さんで、
    自分のでた作品は観ないと、
    テレビでゆうてるのを観て、
    すげぇ、カッコエエなあと思います。
    演じてますから。
    うーん、
    僕は、
    観れるなら全部観たいです。
    反省したら、
    その現場のスタッフさんらに失礼かもですが、
    僕は、忘れやすいので、
    確認し反省し、
    次に活かしたいと思うから。
    それに、
    現場で気づけなかった事や発見があるから。

    サポーターの感謝の言葉は、
    現場で気づいたが、
    ぬえないとか、面白くいうすべがみつけれなかった。
    祈願のシーンは、
    現場で面白おかしくなんて考えれてなかった。
    ただ感謝してただけである。

    僕は芸人らしくないと、
    よく言われるが、
    芸人とは?とか、あんましわからないし、どうでもいいんやが、
    芸人でありたいと思うようになりました。
    パフォーマー?
    ぜんぜんピンときません、
    役者や俳優、
    前も書きましたが、
    数年前、新歌舞伎座さんで出さしてもらった時に、
    僕は大根やと確信できた、
    嫌やが、自分で認めれました。
    新歌舞伎座さんと看板さんに感謝です。
    芝居は昔から好きやし、
    今も好きですが。
    僕は僕なんでしょう。
    今はやはり、
    テレビでも舞台でも、
    なんでも、目の前の人が笑顔、楽しむ、笑ってくれる事を考えます。
    カメラの向こう、
    視聴者さんの顔は見えないけど、
    想像、イメージ、はできる。
    司会者さん、パネラーさんら、スタッフさんらはみえる、
    みんながみんな、
    幸せや笑えるかというとわからないが、
    より、
    多くの人が笑顔になれるように、
    しゃべったり、たちふるまいたい。

    俳優は好きで憧れはあるかもやが、
    カンパニーに入るきっかけの社長の言葉を、
    よく思い出す。
    「芝居は元気ない時いかないでしょ、でもね、笑いは、元気をもらいに、笑いに来るんだよ。」
    この言葉好きです。

    札幌です。
    雪祭りです。
    雪です。
    白いです。
    空気の冷たさ、頰が目覚めます。


    出会いが出会って繋がってゆくといいなぁと、千歳空港から札幌への電車で思う。

    リハが終わり、
    8時半から本番。
    雪祭り初めてやけど、
    本番がなによりも大事です。
    今日は前回よりも尺が15分長い。
    うーん、
    楽しいような、
    大変なような。
    お客さんが来てくれる事を願います。


    また、
    新しくいいステージになりました。
    チェリー君といい空間が生まれました。

    今日は、さらに、
    ええステージに。

    昨日より、
    今日。

    明日も大切やが、
    今。

    無事に2日間終わり、
    東京に。

    うーん、
    舞台は不思議で素敵やと、
    改めて感じた、
    札幌でした。
    雪祭りはみれず東京に。


    スマホ、タブレットの凄さがわかります、
    情報、連絡、コミニケーション、
    素晴らしい。
    けど、
    素晴らしい、
    けど、
    目の前にあるたわいもない風景、
    目の前にあるたわいもない日常、
    それを、
    みること、感じること、おもうこと、
    話すこと、ふれること、
    それも大事なことかなと。

    大量の情報、選択、
    人1人の情報、選択、
    人が脳で考える、
    人の心とコンピュータの心。
    僕の心を信じ歩むこと。
    きっと、
    コンピュータの心も同じではないだろうか、
    情報の量の違いはあるけれど。


    羽田、
    東京、懐かしい気持ちに。
    東京は雨が降ったのかな、
    地面は濡れ、
    空は曇り。
    山手線渋谷を目指し、
    稽古場に。

    急遽、
    稽古をなしにし、
    車で埼玉に。

    日舞の先生のお誕生日会です。
    先生のお家で。
    先生は病気で車椅子。
    先生はお団子好き。
    先生にお団子を買ってゆきました。
    たくさんカンパニーの人達。
    わいわいガヤガヤ、
    笑顔いっぱい。
    みんなが帰る、
    静かになる、
    僕は最後に帰りました。

    あれだけ賑やかだったのに、
    静寂。
    会いたい気持ちと、
    違う日に行きたかった気持ち。
    ゆっくり先生の家のドアを閉めた。
    先生の笑顔と健康を願いながら。

    人は時を刻む。
    人はいつ病気になるかわからない。
    どれだけ予防したとしても。
    人はいつ事故にあうかわからない。
    どれだけ気をつけたとしても。
    人は時を刻む、
    死に向かいながら、
    前向きに。
    今が大事。
    明日が大事。

    いつ明日がなくなるかもわからないが、
    明日のために今。
    今のために今。
    今を一生懸命。

    そして、
    人が人として、
    人と出会い出会って、
    かかわり生きてゆく事、
    人、生きる、意味。
    たくさんの人と出会い、
    好き、嫌い、
    たくさんの人と出会い、
    人は選択してゆく。


    先輩、後輩。

    人をみてて、
    感じる事はたくさんあります。
    僕は、
    人は、自分が1番であたりまえやと思います、
    が、
    自分や自分達の事だけを考えている人をみて、
    やっぱり愛せないと思いました。
    そこに、がむしゃらで、
    自分や自分達しかみえなくなっているなら、
    まだ、かわいらしさもあったかもやが、
    たとえ、好き嫌いあろうが、
    近くにいて、
    自分、自分達しか考えれない人を愛せない。
    人は自分が1番やと思ってええんやが、
    人を感じ人を愛せない人は嫌かな。


    近くにいる人達とはわかりあえたい、
    近くにいる人達とは、
    共に走りたい。

    ともに笑いともに泣く。

    しかし、
    いろんな人がいる。

    いろんな人とうまくやろうと考えるんも好きやない。

    理想の上ゆく現実の中、
    ただ、
    近くにいる人をすべて愛したいと思い、
    嫌いな奴は、
    なるべくいいとこみつめ、
    優しくなりたい、
    ゆえに、
    力は欲しい、
    だから、
    底から努力あるのみ。


    人には人の脳がある。
    生まれ感じ、学び感じ、
    努力し感じ、
    親愛なる家族の影響と、
    まわりの社会で偶然に出会った人達に感じ、
    人にはその人の価値観や世界観が生まれる。

    その世界観が、
    人にまたなにかを与える。

    僕は素敵な世界観を持ちたいです。

    時はしんしんと流れ、ここから足が遠のくが、歩み走っています、時に負けぬように。



    正月、
    駿河健康ランド終わりから、
    稽古の日々。

    昨日2回目のネタみせをしました。

    稽古の日々。

    ネタが生まれるまでの道のりは険しく遠いです。

    疲ればかりがたまるが、
    同時に、
    なぜか、
    情熱は燃えさかる。
    情熱の炎を感じ、
    安心を感じ、
    疲労感は消えるかな。

    今日は朝、
    稽古場で作業し、
    昼からは札幌に。

    札幌は海外の人達に向けてのステージ、
    気合いが入ります。
    アーバン?

    仕事がある事は素敵な事、
    ひとつひとつを大切にして、
    素敵なステージ。

    あたりまえやが、
    札幌、雪です。

    白の世界。

    太陽が白い大地に反射し、
    目が痛い。

    2日だけなのに、
    なんだか、
    疲れました。

    疲れたと、ついつい何度も書きますが、あんまし、
    読んで素敵な言葉ではないですよね、
    ごめんなさい。
    情熱あるから、
    大丈夫です。
    ついつい。

    札幌ライブは素敵な空間で、
    よきスタッフさん達と、
    お客さん達で、
    楽しく素敵でした。

    東京に戻り、
    ライブの稽古。


    夜、帰りの井の頭線はくたくた、疲れてません。


    なかなか、
    面白いネタ難しい、
    なかなか、
    面白く書けない、
    難しいです。


    なんか僕のスタイルをと考えます。


    母の誕生日も過ぎ、
    もう、
    2月です、
    母には、
    この世界に入り、
    ずっと心配かけてます、
    親孝行したいと思いながら、
    ぜんぜんです。
    なにひとつ困らなくガキの頃から育ててもらい、
    母の頑張りが今も瞼に浮かびます。


    僕は愛煙家ですが、
    今の時代、
    これだけの禁煙禁煙、
    仕方がないが、
    肩身は狭いが、
    喫煙者の喫煙所のマナーはよくなくなあと、
    恥ずかしい気持ちになります、
    喫煙所で、
    灰皿あるのに、
    ポイ捨て、
    灰皿あるのに、
    灰をちらかす、
    タバコが空になった箱をそのまま、
    缶コーヒー、お茶のペットボトルそのまま、
    ああ、
    こんなに、
    大きくりっぱな会社の喫煙所なのになぁと思いながら。
    タバコ吸うならせめてです。
    まあ、
    タバコうんぬん置いておいて、
    人として、
    どないやねん!です。

    愛煙家のマナーを大切に。


    渋谷の夜の風が、
    札幌の風に似ている夜、
    ビルとビルの間に、
    輝く星を2つ見つけた。


    いろんな番組があるなぁ、
    ひとつの番組にたくさんの人達がかかわり、
    ひとつの番組ができる。
    人が多ければ多いほど、
    面白いと思うが、
    想いをひとつにするのは難しいのかな、
    そこに、
    不動の力が必要なのかも。


    ライブも番組も、
    とにかく、
    もっとしたいです。


    生きるという事を考える。
    美しいものをみる、
    美味しいものを食べる、
    人と出会う、
    仕事をする、
    生活をする、
    人はなんのために、
    ふと、
    そんな事を思う、
    どれだけ有名になろうが、
    どれだけお金持ちになろうが、
    過去の偉人達、異人達、
    いろいろ感じる死なないモノ達、
    死んだからいいのか?
    いや、
    生きてて話したかった偉人、異人がいます、
    その作品とは別に、
    僕らの世界だけやなく、
    人は誰かに、
    なにかを、
    あたえるために生まれてきたのかも、
    もちろん、
    自分の人生、
    自分1番に楽しければいいのかもだが、
    いつか終わる人生で、
    楽しければだけでは、
    寂しいような気もしますが。


    今日は、
    朝から稽古場で札幌の準備、
    昼から表参道から芝公園へ、街中のビジョンに3月6日7日のライブの告知ネタを収録に、再び稽古場に戻り、それから新宿に、夜も3月6日7日のライブの告知をしにライブに出さしてもらいます。

    改めまして、
    皆さん、
    3月6日7日の凱旋ライブ!
    是非遊びに来てください。

    むちゃバカで面白いライブにします。
    まだ、
    ひとつも完成してませんが、
    頑張ります、
    昨日のネタみせで、
    小さな光は。


    節分、
    節分といえば、
    去年、一昨年、毎年、
    豆まきライブで岐阜でした、
    すごく、
    かっこよく、若々しく、素敵な住職さん、娘さんがいつも、お茶やみかんを楽屋に話の心、礼儀正しく、清楚で可憐、ザ住職の娘さん、髪の毛は茶髪やけど。
    今年も会いたかったなあ。
    毎年呼んでもらっていて、
    なんだか、
    やっぱり寂しいなぁ。
    もっと腕磨き、芸磨きであります。


    6時、新宿、空は青白く暗い。
    大久保病院のてっぺんに三日月が。

    渋谷も新宿も人が多いなあ、
    小道具の入っているトランク持っての移動、
    なんだか迷惑な感じ、
    出来る限り人の邪魔にならないように、ゆっくり移動、ゆっくり移動はあまり好きやないが、仕方ない。
    優しい人もいるが、
    優しくない人もいる。

    トランクよりも、
    迷惑、
    歩きスマホの多さに、
    驚きと未来が哀しくなった。
    大人も子供も、
    せめて大人達よ、
    道を示せであります。



    稽古場の近所で、
    向こうから可愛い高校生が、
    僕は目が悪いから、
    すれ違い様にびっくり、
    鬼のような顔、
    しかめっ面しながら、
    ガムを噛み、
    えっ?!
    と思い振りかえると、
    道にガムをはいた、
    高校生なんだから、
    顔の良し悪しはおいておいても、
    若さ、笑顔が1番やと、
    いまどき、
    ビーバップハイスクールで喧嘩前のガンを飛ばすような顔、
    なんかあったのかな?


    かと思えば、
    高校生が3人細い路地に、
    うわっと、
    1人びっくりし、
    見ると、
    男の子2人と女の子1人、
    タバコ!?
    この禁煙の時代に!
    高校生が、
    路地で、
    悪い事してる感じもなく、
    ガンとばしてくるわけでもない、
    歩いていて一瞬やったが、
    足を止める事なく、
    注意する事なく、
    うーん、
    と通り過ぎてから考える、
    制服、タバコ、
    うーん、
    注意すれば良かったかな?
    うーん。

    どんな時代にも、
    いろんな人がいるもんである。


    稽古の日々。

    誰かに笑ってもらえる仕事ができる時代に感謝しながら、
    いろいろ考える。


    今、稽古の夜休憩の時、
    コンビニで弁当を、
    寒いから、
    レンジで温める。
    ふと、
    30半ばくらいまで、
    僕はレンジが嫌いで、
    一度もコンビニで使わなかったなあと思いだす、
    もちろん家にもレンジはなかった、
    なぜ、
    嫌いかというと、
    なぜ温まるのか?
    意味がわからないから、
    なんなん、
    この箱、
    なんか有害な光線がでてるんではないか?
    まあ、
    そうなら、
    みんな使わないだろうが、
    僕もいつのまにか、
    みんな温めるし、
    レジの人も聞いてくれるし、
    温める事に、
    いつしか疑問も消えていた、
    意味や仕組みを理解したわけやないが、
    みんなしてるから安全みたいな、
    多くに取り込まれたみたいな。
    また、
    ふと、
    タバコを考える、
    みんなが吸ってた時代、
    国も推奨し、
    ポスターですいましょうや、
    タバコのお金で人が救えるみたいな、
    家の中、店、道、駅、職員室、飛行機、どこでも吸えたのに、
    いつのまにやら、
    どこでも吸えなくなり、
    ドラマや映画すらシーンとして消えてしまう、
    いつかなくなるのだろうか?
    レンジも副流煙みたく、
    なんか人に害があるようになったら、
    分レンジとかなるのだろうか?
    なんて、
    考えた、休憩中に。

    さあ、
    稽古だ!

    今からまた札幌です。
    カレンダー
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    カテゴリ
    最新記事
    検索フォーム